市川市剣道連盟 ■活動報告(年間行事・大会結果・審査結果・・・)■各種ダウンロード(審査会・講習会・市民大会・・・)

 
掲載日:2020/06/26

新型コロナウイルス感染者が発生した場合の対応について

  • 各支部に於かれましては、稽古の再開に向けて準備を整えている事と存じます。

    また、一部では稽古を既に開始したとの報告も頂いております。
    そこで、万一会員と家族及び関係学校から新型コロナウイルス感染者が発生した場合は、
    以下の通り対応をして頂くようお願い致します。
     

    1.会員や家族及び関係学校から新型コロナウイルス感染者発生の情報が有った場合は、
    直ちに事実関係を会員と家族や学校に確認する。
     

    2.感染者発生が確認された場合は、直ちに支部稽古会を中止すると共に会員の合同稽古
    等の出稽古を自粛する。併せて、その旨を市川市剣道連盟会長へ連絡をする。また、会
    長不在の場合は理事長へ連絡をする。
     

    3.会員の回復後の稽古参加と各支部稽古会の再開については、専門医療機関の指導助言
    に基づいて慎重に行う。医療機関の治癒証明書を求めませんが、児童・中高生徒等の場
    合は、保護者との連携・確認を必ず行う。
     

    4.各支部が平素、稽古会場としている学校に於いて新型コロナウイルス感染者が発生し
    た場合は、直ちに稽古を中止すると共に、その旨を学校へ連絡し連携を図る。
    また、再開に当たっては、授業や様々な教育活動が平常に戻った事を確認してからと
    する。その際も学校と十分に連携を図りながら進める。

     

    以上が、新型コロナウイルス感染者が発生した場合の手順と留意点です。

    今一度全日本剣道連盟のガイドラインと市川市剣道連盟の指針を確認され、各支部の運営に努めるようお願い申し上げます。 

    令和2年6月25日
    市川市剣道連盟会長 玉井令二

ページの先頭へ